スーパーナチュラル シーズン13第12話ネタバレ感想

スーパーナチュラル13の囚われのカスティエル SPNシーズン13感想

逐一感想

恋の魔法

ディーンが恋の魔法にかかってしまいました。

「恋に落ちた!とりこになった!」と上機嫌でバンカーに帰ってきて
「天にものぼりそう!真剣に考えてる!」と叫びながら

なぜか棚から黒の魔導書を取り出して、持ち出そうとしています。

もちろん止めに入るサムちん。

満開の笑顔のディーンはもちろんおかしいが
輪にかけて不審なのは、黒の魔導書を持っていこうとしていること。

サム
サム

その子が本をくれって頼んできたんだろ?
本の名前を知ってた

ディーン
ディーン

本のことを知ってるなんて運命としか!

話になりません。

以前、サムがベッキーに恋の魔法をかけられたことを引き合いに
忠告しても全く取り合わないので、インパラの鍵を取り上げたのですが……

ディーン
ディーン

街中がばら色に見える!

サムを殴り倒し、徒歩で姉妹の元へと出かけていったのでした。

ディーンが「恋に落ちた」相手は、金髪美女姉妹の姉のほう。
彼女たちは、魔女で、呪い袋を使って男を誘惑し、必要なものを手に入れると
ハンマーで殴り殺して旅をしていたのです。
ディーンも上着のポケットに呪い袋を仕込まれ、彼女たちの言いなりなっていたのでした。
黒の魔導書をディーンから受け取り、さっそくハンマーをディーンに振り落……

インパラがドリフトかましてつっこんできました。

さすがサムちん!

しかし恋愛脳状態のディーンがサムに襲い掛かりました。

取っ組み合う二人を残して、姉妹は黒の魔導書を持ち去ってしまいます。

ロウィーナの復活

兄弟がもみ合ってる目の前にロウィーナが現れました。

兄の魔法を解いた彼女は、一緒に黒の魔導書を追うことを持ち掛けます。

本の動きを感知できるというロウィーナと、仕方なく兄弟は行動を共にしますが、姉妹の居場所が分かった途端、魔法で動けなくされます。

単独乗り込んでいくロウィーナ。

姉妹の狙いは、黒の魔導書を使って、死んだ母親を生き返らせることでした。
ちょっといじらしいところもあるじゃん……と一瞬思ったのですが

この姉妹、あまり文字が読めない。
魔導書が古いケルト語で書かれてるってのもあるけど、町の人の反応からすると
そもそも教養レベルがあまり高くなく……

「マジ、意味不明なんですけど!」

って感じで、
それでもなんとなく理解できたところをとりあえずやっちゃう系で、その上

「私たちなら、きっとできるわ!」

という、危険なポジティブ思考。

お母さん、いつお亡くなりになったのかわからないんですが、
かなり傷んでまして……

やってしまいました。

よみがえりのまじない。

なんかもう、あぁ、これ、ゾンビだなっていう。

どういうわけか魔術が効かないゾンビ。

そうなると偉大な魔女ロウィーナも、ただの小柄な女性。
追い詰められてしまいます。

そこになんとか魔法を解いた兄弟がやってきます。

姉妹vs兄弟

姉妹は魔法を使って、兄弟と互角の肉弾戦を繰り広げます。
というか、兄弟、ちょっとピンチです。
兄が落とした銃を拾ったロウィーナが、ゾンビママの頭部を撃ち、やっと自由になりました。

そして姉妹に魔法をかけます。

瞳から血をしたたらせる姉妹。

まさか自分たちを襲わせるのでは、と気色ばむ兄弟。

「殺して」

ロウィーナの一言で姉妹は兄弟ではなくお互いに向き直り、殺し合いを始めるのでした。

なかなか残虐で、よい。

雑感

殺されても生き返る呪文を自分にかけているロウィーナ。

生き返ることはできても、ルシファーへの怯えがぬぐえない。

なので、かつてコベンにかけられた魔力を制限するまじないを解いて強くなり、自分の身を守りたい。

その方法が黒の魔導書に書かれているため、彼女は黒の魔導書を欲しがったのです。

ルシファーに殺された痛み、いたぶられた恐怖、見てしまった本当の顔の衝撃。

ずっと彼女の心を苛んでいるようです。

そんな彼女にサムも共感します。

サムもルシファーと同じ檻に囚われ、長い期間を過ごしたのだから。

まだその時の苦しみが続いていて、ディーンにも言えないと告白するサムに
心が痛みました。

この辛さはロウィーナとサムにしか分かり合えないものなんでしょうね。

そして同じ苦痛を経験したもの同士、二人の間に結びつきができたような気がしましたよ。

黒の魔導書を取り戻した兄弟でしたが、サムは結局、ロウィーナが欲しがっていたページを与えてしまいます。

まじないを解き、パワーを取り戻した彼女。

彼女は確かに強くなったのですが、トラウマを乗り越えることはできるのでしょうか。

ところで、サムとロウィーナが夢でうなされるほどのルシファーの真の顔っていったい…

自分勝手な見所

スーパーナチュラル13の囚われのカスティエル

内股カスティエル

ルシファーと一緒にアスモデウスに仲良く囚われの身になってましたが、

イライラしてるルシファーに対して、カスティエルはそうでもなさそう。

ルシファーが見張りの悪魔にからかわれてるのを楽しんでるようで、

カスティエルにしてはレアな笑顔が見れます。

壁越しに口論することもあるのですが、イライラが増すとパワーが使えることに気が付いたルシファーと組んで脱走に成功しました。

ところで、カスティエルが捕まってることに兄弟はなんで気が付かないかなーって思ってましたが、アスモデウスがカスティエルのふりして毎日連絡を入れていたことが今回判明して、そのマメさに驚きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました