スーパーナチュラル シーズン13第21話ネタバレ感想

スーパーナチュラル13第21話 ドラマ感想
榎本はいほ
榎本はいほ

日本語タイトル「7度目の死」ってなんだろう……って思ってたんですけど、もしかして死ぬの7回目なんですかね?

 

逐一感想

大天使の恩寵

ガブリエルが仲間に加わったことで大天使の恩寵を手に入れ、
異次元の扉を開ける準備が整ったはずのウィンチェスターズでしたが……

ガブリエルの恩寵はまだ満たされておらず、取り出されたのは微々たる量で
扉が開いたもの、あっという間にひしゃげて閉じてしまいました。

というわけで。

ルシファー捕獲作戦。

ガブリエルの恩寵が回復するまで待ってられないということで、ルシファーを利用しようということになったのです。
ルシファーの恩寵を使うことを思いついたのはカスティエルですが、その考えを発展させたのはサムちん。

サム
サム

特別ボーナスだ

バーで管巻いてるルシファーの酒に魔法の薬を入れ、弱ったところを拘束し、
後ろ手に縛り上げて吊るし、喉を切り裂いて流れ落ちる恩寵を材料を入れた皿に注ぎ続ける。

えっと、豚の血抜き的な?(と思ったら、兄貴がドンピシャ言いました)

サム
サム

異次元の扉をただ開けるだけじゃなく開けたままにする。

恩寵をいただく。

必要なだけ抜き続ける(ニヤリ)

恩寵を注ぎ続けることで、今まで24時間限定だった扉を開けておく時間を、ルシファーの恩寵が尽きるまでに延ばすんですね。
さすがサムちん、発想がえぐい……。

ロウィーナにルシファーの見張りを託して、ウィンチェスター兄弟とカスティエル、ガブリエルの4人は異次元へと旅立ちました。

サムの死

異次元の扉は、デイトンまで歩いて2日離れている場所に開きました。
デイトンはジャックとメアリーがいる場所です。
2人がいるキャンプ地へ行くにはトンネルを通らないといけないのですが、たくさんのバンパイアたちが生活しているようです。
ちなみにこちらの世界のバンパイアは、人の言葉が通じない、ただ人間を襲うだけの魔物と化している模様です。
なんでもミカエルたちが人間を殺しまくったせいで、血が吸えず、飢えてしまったせいで変異したのだとか。
見た目も行動も吸血鬼っていうより動けるゾンビって感じです。

暗く荒れたトンネル。

ところどころ落石などしているようです。

ディーン
ディーン

おい、道が岩でふさがっている。
岩をどけるしかない

言われて当たり前のように岩をどかし始める天使2人……。

女王様ディーン。

そんな時、突然、大量のバンパイアが現れ、サムちんが連れ去られてしまいました。

多数のバンパイアが長身に群がって噛みつき、血みどろの体を暗闇に引きずっていくのは、なかなかにホラーでしたね…

サムの生存をあきらめざるを得ない状況に、動揺しながらも一行は進みます。

デイトンのキャンプ地が近くなるとカスティエルが動けなくなりました。

天使除けが周囲に多数描かれているせいです。

気が付いたガブリエルが天使除けを軽々と焼いてしまいます。
さすが大天使と平天使、格が違いますね。

カスティエルが動けるようになると、反乱軍が出てきました。

その中にメアリーがいます!

ディーンとメアリー、久しぶりの再会に抱きしめあう二人。

しかしディーンはサムの死に衝撃を感じており、メアリーとジャックもショックを受けるのでした。

デイトンにて

恩寵を抜かれ続けていたルシファーは、ロウィーナを挑発し、なんとか拘束を解くことに成功します。
そのままロウィーナを殺そうとしますが、反撃を喰らい、弾き飛ばされてしまいました。
よりによって、異次元の扉へ。

………このパターン、前も見たな。

慌てるロウィーナ。

一度は逃げ出そうとした彼女でしたが、思いとどまり、恩寵なしで扉を開け続ける方法を探し始めます。

一方、ルシファーはウィンチェスターズを追いかける途中でミカエルの軍隊の恩寵を奪い、
大天使の力を取り戻しました。

そしてトンネル内でサムを生き返らせたのです。

バンパイアが巣くうトンネルでルシファーと一対一になるサムちん。

ルシファーはサムを生き返らせてジャックの元へ連れて行けば、歓心を得ることができると思っているのです。

ルシファーの思惑を見抜いて、苦々しく思うサムちん。

しかしルシファーと共にトンネルを抜けないと、再びバンパイアの餌食になることは間違いありません。

苦渋の決断の上、ルシファーを伴って反乱軍のキャンプ地を訪れるサムちん。

時はちょうど、ディーンがサムの遺体を見つけにトンネルへ行こうとしているところでした。

サムを見て喜びに顔を緩ませたディーンでしたが、後ろについてくる姿を見て表情が変わります。

ルシファーはジャックを見て「パパだよ」とほくそ笑むのでした。

雑感

異次元の扉を開ける前の晩、サムは夢を見ます。

自分たち兄弟が母メアリー、カスティエル、ジャックと食卓を囲む夢です。

ピザを食べすぎるディーンと、食べた枚数を指摘するジャックと、食べすぎを注意するカスティエル、大食いをからかうメアリー……

一家団欒的な?
母、兄、兄嫁、甥……

ディーンは赤ちゃんの時から食いしん坊で、ジョンとメアリーは「子豚ちゃん」と呼んでいたとか、からかわれてピザを食べるのをやめたディーンが、メアリーとサムがいなくなった途端、カスティエルに手だけで合図してピザを寄こさせるとか

夢にしては妙に具体的なような気もしますが。

ていうかサムの深層心理では、ディーンとカスティエルはこういう関係なんですね。

自分勝手な見所

魔女と大天使がいけないことしてるのに気が付いたときの反応。

スーパーナチュラル13第21話

カスティエルは「同じ天使として情けない」とでも思ってるんでしょうかね。

うなだれててかわいかった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました