スーパーナチュラル シーズン15第18話ネタバレ感想

スーパーナチュラル15第18話 ドラマ感想

かねてから噂の18話がきてしまいました……
タイトル「Despair」(絶望)

Twitter界では恒例の##Supernaturalタグよりも
#DestielCanonが上位に表示されてましたね。

ディーンとカスティエル。

出会って11年、彼らのゴールは……

逐一感想

S14も完走済みですが、最終回をリアルタイムで迎えたいのでS15のレビューを先にします。
アマゾンプライムに吹替え版がなかったため、字幕版でのレビューになります。

消えていく仲間たち

爆発寸前になったジャックは、死により虚無へ送られてしまいます。
虚無の中で爆発をしたジャックは死ぬことなく、再び死によって
この世に連れ戻されます。

死はサムから取り返した神の書物を確認して
ジャックが必要だと思ったようです。
しかしディーンが死の鎌を奪い取って襲い掛かり
傷ついた死は姿を消してしまいます。

ジャックはディーンたちの元に留まることができました。

ですが、異次元から来た仲間たちが次々と姿を消していきます。
やがてエイリーンまでが消えてしまいました。
サムはショックを受けながらもなんとか気力を保ち、
残された仲間たちを安全な場所に匿うことにしました。

ディーンはカスティエルと共に死と対決しに行き、
サムはジャックとドナと一緒に仲間たちを地方のサイロへ集めました。

あらゆる呪文を使い結界を張ったはずでしたが
努力もむなしく仲間たちは消えてしまいます。
なんとドナさえも。

サイロを出たサムとジャックは
この世界の人々までも消えてしまっていることに気が付くのでした。

死との対決

死の書庫に乗り込んだディーンとカスティエルですが
死から反撃を受け、鎌も取り返されてしまいます。
死はディーンに切り付けられたことが致命傷になり、
自分がほどなく滅してしまうことを告げます。
その前に唯一の希望……ディーンが死ぬところを見るために
死は二人を追い詰めます。

ディーンとカスティエルはバンカーの倉庫
(クラウリーがしょっちゅう閉じ込められてたところですね)に逃げ込みました。

カスティエルが血文字で扉に呪文を書き、死をブロックしたものの、
突破されるのも時間の問題です。

ディーンは絶望し、チャックを殺せず、怒りに駆られてビリーに挑んたせいだと自分を責めます。

絶体絶命の状況の中、カスティエルは虚無を召喚することを決めました。

カスティエルはかつてジャックを救うために虚無とある取引をしていました。
真の幸せの瞬間を体験すれば、虚無が彼を永遠に連れ去ることになっているのです。

戸惑うディーンを前に、カスティエルは愛の告白をしました。
ディーンに愛を伝えたカスティエルは死と共に虚無に包まれ、
飲み込まれてしまったのでした。

自分勝手な見どころ

カスティエル
カスティエル

Hello, Dean

虚無に包まれていくカスティエルは、
初登場時の翼を広げた姿をほうふつとさせました。
その時のカスティエルは、無表情かつ威厳のある雰囲気で、
どことなく人形めいていましたが、
今回は幸せそうに微笑んでいました。

初めてディーンと話した時、やはり表情がなく
まるで死体が動いているかのようでしたが
(私は行き倒れのサラリーマンが乗っ取られたと本気で思ってました)
愛の告白をするカスティエルは涙をたたえながら
想いを伝えようと、せつせつと言葉を紡いでいました。

そして虚無が現れる直前、カスティエルは血濡れた手でディーンを
突き放します。
ディーンの左肩にはべったりとカスティエルの手形が……。

それはディーンを地獄から引き上げる際に跡をつけたのと同じ位置。

カスティエル
カスティエル

I love you.
Goodbye, Dean

カスティエルは虚無と取引をするまでおそらく
自分の幸せについて考えたこともなかったのではないでしょうか。
言い換えれば、虚無こそがカスティエルに幸せという概念を教え
考えさせるきっかけを与えたのではないでしょうか。

カスティエル
カスティエル

Happiness isn’t in the having.
It’s in just being.
It’s in just saying it

カスティエルがディーンを好きだというのは
皆が知っている事実ですが
ディーンは周囲ほどカスティエルの愛の深さを
認識していなかったと思います。

自己評価がとてつもなく低く、愛されている事実を受け入れがたい人ですから。

愛を手に入れることはできなくても
愛し、言葉にすることはできる。

ディーンに愛を伝えたカスティエル。

愛されることではなく、愛することに幸せを見出した天使。

スーパーナチュラル15第18話

カスティエルを虚無に連れ去られ、
一人残されたディーンはこれからどうなるのでしょうか……

異次元のディーンがカスティエルを失って
空っぽになっていたのを思い出すと少し心配です。
(そして異次元のサムも同じくエイリーンを失って、
空元気になっていたのも思い出して倍増する不安)

雑感

正直、ここまではっきりとした形で
カスティエルの愛が表現されるとは思っていませんでした。
さまざまなドラマを見ていると、
異性愛者だった女性キャラが途中で同性愛者に変化することはあっても
男性のケースはほとんどなく、今のアメリカでは男性同士の恋愛には
厳しい現実があるのかなと感じるからです。
カスティエルは天使なので無性という逃げ道もありますが
ディーン役のジェンセンさんはカスティエルとディーンの恋愛要素を
否定してきていましたし。

しかしラスト。

ディーンのリアクションには様々な解釈があるでしょうが
カスティエルからの愛情は明確に表現されました。

そして、放映後のジェンセンさんの発言。

カスティエル役のミーシャさんと話し合い、
脚本もほんの少し変えて挑んだとあり、
二人が真剣にカスティエルとディーンの関係に
向き合ってくださったことにうれしく思いました。

Jensen Ackles On Castiel's Goodbye Scene | Entertainment Weekly

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました